病気にならない生き方

投稿日:2006年6月6日 更新日:

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
職場で回覧されてきました。牛乳が良くないというのはウェブ上で見た事がありまして、この本からの転載だった様です。見覚えがありました。
環境やお国柄によって体の作りが違う、酵素などの配分が違うというのは納得できます。日本古来の食事が日本人にあっているというのも納得です。しかし、言葉尻にちょっと引っかかるのは何故でしょうか。冒頭に有名人の名前が羅列して自慢ではありませんと書かれているのもどうでしょう。断片に自慢が見え隠れしてなりません。
バターが良くないというのは、既に実践してましてそんな大量に使う訳ではありませんので全てバターにしました。
昔は獣臭さというか油の臭みが苦手でしたが、カルピスバターを愛用しております。美味しいです。
ベーキングパウダーもアルミでないやつ。洗剤はほとんど使わず、重層と酢、石けんでという感じ。
先日実家に数日泊まる事があり、久しぶりにシャンプーを使ってみたら頭が痛がゆく大変でした。もう浮気しません。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぼくが葬儀屋さんになった理由

ぼくが葬儀屋さんになった理由 株式会社 ティアの創業者 冨安徳久さんの著書(自伝)です。 大学生活のために借家を見つけ、アルバイトが転職となって大学に通わず葬儀社に入社。 その後、自分の心の通う葬儀を …

友だち地獄

友だち地獄 ―「空気を読む」世代のサバイバル 1970年代から、いじめが 目立つようになってきたということ。 私は思いっきり70-80年代に小中学校を過ごした。 その時代を過ごした割には、内容には実感 …

心霊づきあい

これは、なかなか斬新な試みだと思いますよ。 冒頭から、 私も一応「見る」質だ。〜そういうことを書くほどに、自分の感覚への疑問が出てきた。 私が感じるモノはなんなのか? 私は「見る」と他者の「見る」には …

赤い棘

奥菜恵さんの自叙伝です。 紅い棘 闇は寂しく 美しく 静かに心を映し出す 己を知り 孤独と戯れる有難さ 私は闇から生まれ 闇へと還る 第2章で、芸能人生活を始めた10代の頃からの出来事が綴られています …

経営の行動指針―土光語録

経営の行動指針―土光語録 『組織活動にとって「自分は聞いていない」「そんなこといったかな」「誰かがやってくれるだろう」、 この三つの言葉ほど危険なものはない』 『成功は次の成功への呼び水とせよ。失敗は …