食べるな、危険!

投稿日:2005年5月16日 更新日:

子供もできたし、こんなのも読んでみました。
もともと興味あったし、手作りは市販品と比較にならないくらい美味しいからね

ガムベースは石油製品 現在は酢酸ビニールという素材で作られているそうです。
聞いたことありませんか? 木工用ボンドの材料です。
環境ホルモンとしての作用が疑われ、発がん性についても報告されているものです

脱脂加工大豆とは、市販醤油の脱脂加工大豆の作られ方は化学溶剤(名前が出てこない:シンナーみたいなもの)に漬け込まれ油がとけ込んだところで大豆を取り出し、石油成分を揮発させて残った油が大豆油
それのかすが脱脂加工大豆とのこと。この脱脂って何のために脱脂漠然と疑問だったがびっくり。
なんでも大豆は油が少なく、つぶしても油があまり出てこないので効率的なこの方法で
作ってるんだとか。

発色剤や着色料、保存料など最近は一応値段のあまり変わらない程度で選んでいます
安息香酸ナトリウムは、よく見る保存料ですが、簡単にいうと安らかな息になっちゃう薬品です。
人は体がでかいからころっと逝かないだけで、じわじわくること間違いなし

ジャムなどは手作り。醤油もちゃんとしたのはうまいよ。ああ、昔はこの味だったって思い出す。
それの後で一般的な安い醤油をなめると塩っぱい液でしかない、うまみなんてこれっぽっちも無い。
価格を追求するのも大事だけど、ちゃんと作っているものに多少余分に対価を支払うのには
何も疑問は無い。そのようなものを選んでいきたい。贅沢品を買っているのではないのだ。
それが特別な現代が異常なだけだ。
とりあえず、食品についてはアメリカ産、中国産はやめている今日この頃
多少少なくしたところで、ほかでどれだけ取っているんだか。

おすすめ度

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Googleウェブマスターツールの教科書

半分積読状態になっていたのですが、やっと読み終わりました。 読み終わったけど、なかなか全部を理解することは出来ません。 全てを試すことも出来ませんし…でもやれることからやっていきたいと思います。 wo …

金正日の私生活

金正日の私生活 ―知られざる招待所の全貌 藤本 健二の前作『金正日の料理人?間近で見た権力者の素顔』を招待所ごとのエピソードに分けた様なもの。 2006年刊なのでコメント等は拉致問題などに絡めてアレン …

赤いヤッケの男

赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS) 山の会談を集めた本です。 実体験と聞き込みを元にしているので 怖いですよ〜 確かにテントを張って、布1枚ですから 外に気配を感じたら…それは半 …

no image

もう自衛するしかない「水道水」

正式名称は もう自衛するしかない「水道水」 水の惑星「地球」が危ない 閲、序 岩井重久 工学教授 著 葛原信二 1992年刊 もう十数年前からこんなことが言われていたんですね。 今に比べれば、味として …

包丁さばき入門

包丁さばき入門?魚貝・肉・…ひと目でわかる!図解 基本に返ろうと読んでみました。 詳しく図解で描いてあります。 ええ、詳しいですよ。 イワシ、アジなど小魚で数種類、見せる盛りつけとかいろい …