TOKYO BLACKOUT

投稿日:2009年12月15日 更新日:

TOKYO BLACKOUT
TOKYO BLACKOUT

最初は二段組だし、分厚いしどうしようと思いました。
平行して登場人物の話が進んでいったり、人物も多い。
テーマは気になるけど、苦手な構成かも知れないと思いました。

8月24日午後4時、東都電力熊谷支社の鉄塔保守要員一命殺害。午後7時、信濃幹線の鉄塔爆破。午後9時、東北連系線の鉄塔にヘリが衝突、倒壊。さらに鹿島火力発電所・新佐原間の鉄塔倒壊――しかしこれは、真夏の東京が遭遇した悪夢の、まだ序章に過ぎなかった。最後の希望が砕かれたとき、未曾有の大停電が首都を襲う!
目的達成のため暗躍する犯人たち、そして深刻なトラブルに必死に立ち向かう市井の人々の姿を鮮やかに描破した渾身の雄編。大型新人が満を持して放つ超弩級のクライシス・ノヴェル!
「BOOK」データベースより

だがしかし、そんな難しい専門用語が出てくるわけでもないし
引き込まれてページがどんどん進みます。
いやあ、テロの目的があれだったなんて…
意外というか壮大というか。
結局はフィアンセを愛していたんだね。子供の頃目の前で母親を殺され
結婚間近のフィアンセを殺された、有能なSEの物語です。
映画化を望むというコメントもどこかで読みましたが
確かに緊迫感もあるしスケールも大きい。
後書きで、この通りやってもこういう災害が起きるとは限りませんという
注意書きがある。
自殺マニュアルやらなにやら、そのまま書けばよいそのまま真似れば出来てしまうような話と違って、下調べした上で、きちんと大事な物を隠している、その姿勢が大きく評価できると思う。
いやあ、久しぶりに面白かったと言えます。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHKにようこそ!

引きこもりでダメダメ人間の主人公の前に現れた美少女「岬」 しかし彼女ももっとダメダメだった。何かと面倒を見てくれたり立ち直る手伝いをしてくれたりしますが、じつは自分よりダメダメ人間を近くにおいて、自分 …

全国の工務店が認めた「本物の家づくり」

全国の工務店が認めた 「本物の家づくり」 澤田升男 著 読みました。(2008年暮れに) もう1年半前なんだ…自宅建て替えのプランニングを始めた頃ですね。 筆者である、澤田さんは地元で腕利 …

だから山谷はやめられねえ

だから山谷はやめられねえ  ―「僕」が日雇い労働者だった180日 そもそもぼくの関心はドヤ街や飯場そのものの中ににあったわけではなかった。社会の常識や模範からはみ出してしまった人と会社の関係。そして自 …

へんないきもの

へんないきもの 読んでみました。本屋で並んでいるときに心ときめいたのですが、これは一児の父。 無駄な出費は抑えねばありません。鉛筆画風の挿絵も素敵です。 こころのどこかに引っかかっていたのが、新年の「 …

上海、かたつむりの家

上海、かたつむりの家 今まで誰もここまで描けなかった 可笑しくて、切なくて、100%リアル! 中国の大ベストセラー小説、初邦訳 本書『上海、かたつむりの家』は、大都市・上海で生きる男女4人の可笑しくも …