映画

それでもボクはやってない

投稿日:2009年3月9日 更新日:

それでもボクはやってない スタンダード・エディション
いやあ、気になっていたんですが、見ました。
恐ろしいというか胸くそ悪いです。
痴漢自体がではなく、
警察などの対応のいい加減さ。
男性側は、痴漢犯罪について無罪を照明するのはほぼ無理という結果が…
怖いよこれは、痴漢ですと言われたら終わりですものね。
痴漢行為は確かに大変卑劣ですが、こういう冤罪もどうにかして欲しいですね。
記事を書いているとき、タイムリーにこういう事件がありましたし。

-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒトラー ~最期の12日間~

妻が子供を連れて友人宅へ遊びに行ったので、やっと見ることができました。こどもはおとなしく見ていてくれないので大変です。 ヒトラーの狂気や支離滅裂さが上手く出ていた思います。 『ヒトラー最後の12日間』 …

ピンポン

ピンポン 同名のコミックからの映画化です。 コミックも読んだ事ありますが、 個人的にはこの絵柄に拒絶反応を起こしてしまって読むことができません。 独特の世界観もちょっと私には受け入れがたい感じです。 …

ベクシル-2077日本鎖国-

「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版 21世紀初頭。人類に延命効果をもたらしたバイオ・テクノロジーとロボット産業が急速に発展を遂げたことにより、日本は市場を独占し世界を大きくリードした。 しかし様々 …

クロウー飛翔伝説ー

映画「クロウ」何と主役のブランドン・リー(ブルース・リーの息子)が 撮影中実弾に当たり死亡。その後のシーンは合成などを駆使して完成。 というもので見ごたえ十分です。 これは死んだ主人公が烏の持つオカル …

殿、利息でござる!

殿、利息でござる! posted with カエレバ 阿部サダヲ 松竹 2016-10-05 Amazon 宿場町再興に町人が立ち上がった話です。 阿部サダヲのどこか頼りなさが、全体の宿場の景気の悪さ …