映画

アイランド

投稿日:2006年6月6日 更新日:

island2019年! 環境汚染が進み、人間が外界で住めなくなった地球。環境整備された施設に保護されている人間。汚染の無い楽園『アイランド』。
恐ろしい陰謀があるのは分かっているかと思いますが、妻は10分でネタを解いてしまいました。ネタバレ自体は前半早いうちに分かるのですが、これからどうするの的な展開の内容が濃いのです。
実はアイランドに行っているはずの人は、アイランドとは。昔シュワちゃんが出演していた『バトルランナー』を思い出しました。
彼らは、代理母、移植用臓器などの為に培養されたクローンだったのです。クローンを閉じ込めておく為にそういう世界観を演出し密閉する。彼らはマグネイトと呼ばれていました。
スリリングアドベンチャーです。かなり楽しめました。
でも以前、豚の臓器が人間に移植できる。クローンで予備の臓器が可能になる。なんていうニュースがありましたがこういう事が簡単に想像されてしまいました。実際、臓器を取られる為に生まれたクローン達は何を思って生きていくのでしょうか?
こういうありがちな設定ですが、嫌いじゃありません。そういう中では上位かな。

2005アメリカ 

-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほしのこえ

『私たちは空に引き裂かれた恋人のようだね』 時々見てはウルウルしています。 新海誠の作品はどれも背景画が抜群に綺麗。 『ほしのこえ』はさいたま市近辺がイメージベースになっていてどこか懐かしい香りがしま …

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

広末涼子はもう母親だけど、可愛いなあ。 いいなあ、子供を産んだのに無駄な肉が全くないぞ〜 身長が伸びた様な、痩せた様な気がするのは気のせいでしょうか? 展開としてはありがちですが、私も 社会人としてバ …

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 通常版 やっぱり見てしまうんですが、ラオウ役の宇梶剛士の声がちょっと… 昔のテレビ版の印象が焼き付いているんですね。 絵は原作 …

UDON

讃岐うどん 美味しいですよね。 以前、麺通団の恐るべきさぬきうどん―麺地創造の巻 (新潮OH!文庫)は、読んだ事あります。 ブームに乗せられたというか、麺類好きなんで今でも讃岐うどん食いたいっす。 と …

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない スタンダード・エディション いやあ、気になっていたんですが、見ました。 恐ろしいというか胸くそ悪いです。 痴漢自体がではなく、 警察などの対応のいい加減さ。 男性側は、痴漢犯 …