映画

ベクシル-2077日本鎖国-

投稿日:2008年4月30日 更新日:


「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版


21世紀初頭。人類に延命効果をもたらしたバイオ・テクノロジーとロボット産業が急速に発展を遂げたことにより、日本は市場を独占し世界を大きくリードした。
しかし様々な危険性が指摘されるようになると、国連はこれらの技術を厳格に規制することを求めた。
日本政府はその要求に従うどころか、反旗を翻して我が道を行く決定を下したのだった。その決断とは……。『日本鎖国』
2067年。日本はハイテク技術を駆使した”完全なる鎖国”をスタートする。その後日本の情勢は秘密のベールに包まれたまま、10年が経過した。
そして2077年。米国特殊部隊”SWORD”所属の女性兵士、ベクシルは、日本への潜入作戦を実行する。
ベクシルが目にした日本の光景とは?
いったい日本に何が起こっているのか?
〜アマゾン 商品説明ページより引用

ベクシル役の声優が黒木メイサというアイドル?の様ですが、声が通りませんし
張りが無く主役としての魅力が減退しています。
静止画レベルの画質をアニメーションにというコンセプトだったというのをどこかで
読んだ気がしますが、アニメとしての発展(必要ない物を簡素化してアニメ(映像)としてのブラッシュアップ)に反しているのかな?
波状や、見やすさ、情報の集中と分散などが意図的に出来てれば
今までの技術では困難だった物が現実可能になるという意味で歓迎ですが。
これについてはチャレンジする事に意義があったのでしょうか?
結果としては…実験的アニメーションと言う感じで、映画としてはかなり完成度は低いのではないでしょうか?
バックに居る人物も3D化しているので動きが逆に気になってしまったり、
声優でしょうかね?声の魅力が相乗効果が無い、臨場感が得られないという感じです。
技術屋さんの自己満足作品という私個人の感想です。
ジャグという砂漠芋虫的機械生命体?SFにはよく出てくる類いの生物ですが、
これの動きは綺麗でした。
CG誌に出ていたカットが綺麗だったんですが、あの高コントラスト、個人的好みの強いキャラクタでちょっと出だしから思いやられる感じです。
横で見ていた『妻もゲームみたいだね』と言う一言。
背景についてもなんだかよくわかりません。
鎖国しているのに日本製のロボット兵が世界中に普及しているし、輸出入が普通に経済活動としてされている。
SWORDというアメリカ特殊部隊にも最新式日本製ロボット兵が搭載という最初から
「はぁ?」な設定?
外人を受け入れないというだけの鎖国なの?
技術の高さ上の世界が日本を切り離せないということなんでしょうか?
外国に出ている日本人から技術はある程度出るでしょうに…
ツメが甘いです。

-映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

少年メリケンサック

少年メリケンサック 人気脚本家・宮藤官九郎の監督第2作目となるパンクコメディ。レコード会社の新人発掘部で働くかんなは、偶然ネットで見つけたパンクバンド“少年メリケンサック”をデビューさせるべく奔走する …

ドミノ

ドミノ 実在した女性バウンティハンター、ドミノ・ハーヴェイの生涯を描いたバトル・アクション・ムービー。 有名俳優を父に持ち、モデルも経験する美貌を持つも、賞金稼ぎ家業にひた走るドミノ。ビジュアル的に魅 …

陰日向に咲く

陰日向に咲く 劇団ひとり著の小説を原作とした映画です。 まあ原作を読まずにカットされたテレビ放映で見たので何ともいえませんが 最初の悲壮感漂う主人公…岡田准一が結構良い味出してますね、SPの時も好きで …

茄子 アンダルシアの夏

茄子 アンダルシアの夏 スペインのアンダルシア地方を駆け抜ける自転車ロードレース「ブエルタ・ア・エスパーニャ」を見事に描いた、大傑作。 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 『千と千尋の神隠し』の …

トロン:オリジナル

トロン 30年前の作品なんですね、トロン:レガシーが公開にあたり、ネットなど各所で盛り上がっておりますが 私は実はこの作品を知りませんでした。まあ小学生に上がったくらいですから… YouTubeで見た …