オススメ 映画

里見八犬伝

投稿日:2016年12月7日 更新日:

satomi

ドラえもんとか東映まんがまつり以外で、当時は新聞屋さんで映画招待券を結構もらっていたので映画館にちょくちょく行ったなあ。覚えている限り一番古い見に行った映画のうちの一つ。
もう一つは「野性の証明」「セーラー服と機関銃」の二本立てだったと思う。
どちらも薬師丸ひろ子ですね。

いや、映画のドラえもんも見に行っていましたが、
あの当時は新聞屋さんが割合頻繁に映画鑑賞券をくれたんだよね。

そして親が見に行っておいでと券をくれる。
友人や親と見に行くと言う感じでした。

里見八犬伝 かっこいい伝説だなと思っていたら江戸時代の創作物語なんですね!!
二葉亭四迷原作の南総里見八犬伝をベースとしたファンタジーアクションです。
キャスティングが凄いです、まあ舞台や妖怪については時代と日本映画らしさを感じてしまいますが感動します。
見直すとやはりそういう面や、ストーリの疑問点などありますがリメイクしてほしいとは思いません。
大長編になっても場伸びしてしまいそうですし、後半は立て続けに仲間が死にすぎます。殺陣のシーンがもう少し長くても良かったのでは無いかなと思いますね。若い京本政樹もカッコイイですね。

玉梓役の夏木マリのヌードも見どころ?

-オススメ, 映画
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

300<スリーハンドレッド>

300〈スリーハンドレッド〉 独特の映像美で綴る、 古代イタリアの都市国家「スパルタ」の話です 俗に言うスパルタ教育の『スパルタ』です。 屈強な肉体と精神力に戦う技を併せ持った兵士たち…。 …

みんなのいえ

みんなのいえ スタンダード・エディション 滑稽でした。 インテリアデザイナー(唐沢寿明)と棟梁(田中邦衛)の間に揺れる施主。デザイナー=妻の同級生/棟梁=妻の父親。 一見西洋かぶれに見えるデザイナーが …

武士の家計簿

武士の家計簿 堺雅人さんの穏やかな人柄がいいですね。 徒然に人の一生を追ったそんな一本です。 大きくドラマチックなことはありませんが、安心して最期までしっかり見ることが出来る一本です。 関連する記事

モンスターズ・インク(評価のみ)

モンスターズ・インク MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] posted with カエレバ ディズニー ウォルト・デ …

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない スタンダード・エディション いやあ、気になっていたんですが、見ました。 恐ろしいというか胸くそ悪いです。 痴漢自体がではなく、 警察などの対応のいい加減さ。 男性側は、痴漢犯 …