映画

メトロポリス

投稿日:2009年8月26日 更新日:


メトロポリス [DVD]

ふる〜いレビューですが…
手塚治虫のメトロポリス観ました
ロードショーも観に行きたいと思っていた、手塚作品です。
レンタルビデオのパッケージに
ジェームスキャメロンも絶賛とシールが貼ってあるのが印象的。
手塚作品全般に言える、後味の悪さというか考えさせる結末が待っています。
ティマ(主人公のアンドロイド)が手塚作品らしからぬ可愛さです。
アングルによってきつい顔になってしまうのが気になりましたが髪の毛のなびき具合は神秘的。
本来の使命に付かされて人間にとっては悪魔と化してしまうのですが、
その前ケンイチとの逃避行でレジスタンス勢力に匿われているとき
肩に鳩がとまり天使のようだねと呟いている光景との対比が印象的でした。
ロボット刑事がデモを起こした民衆に対して
『何故人間は暴力でしか物事を解決できないのか』
と歩み寄るのですがクーデター決起の引き金となってしまいます。
人間の一方的な事情(電磁波兵器実験の影響)で破壊(射殺)されていく
ロボット達には心打たれるものがあります。
そのような事の積み重ねとそれらのコンピュータの記憶による暴走によって
ティマは飲み込まれケンイチと育まれた優しい心は閉ざされてしまいます。
メカニカルパーツは3DCGで表現されているのですが、綺麗さ故の違和感が
少し気になってしまいます。都市部のズームアウトやふかん構図のアングルでは
とても綺麗なのですが動きが出ると違和感が出てしまうのでしょうか・・・。
Q:「ロボット」と「アンドロイド」と「サイボーグ」はどう違うのですか?
A:いずれも空想科学小説に登場した名称ですが、実現されているのはロボットだ
  けです。
アンドロイド(Andorids):
 外見からは人間としかみえない人間型機械。映画”BladeRunner”の原作である
 Philip K. Dickの”Do Andorids Dream of Electic Sheep?”
 (1968年早川書房から発売、後ハヤカワ文庫SFとして浅倉久志訳)
 に登場したものがアンドロイドです。映画「ターミネーター」に登場したもの
 もこれに該当します。
サイボーグ(CYBORG):
 人間の体の一部を機械に置き換えて補強したもの.脳だけ人間で他は全部,
 機械という場合もある.映画「ロボコップ」の主役がこれに該当します。なお、
 日本では石森章太郎の作品の「サイボーグ009」が有名です。
ロボット(Robots):
 アンドロイド、サイボーグの比較で考えるならば人間の機能部分(腕等)を
 機械で作り上げた物といえます.そしてAndoridsは究極のロボットとも考
 えられます。
日本ロボット学会 Q&Aより引用

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スフィア

スフィア 環境にハラハラ、生身じゃ逃げられない深海底に 閉じこめられてのアクシデントの恐怖。 うんうん、怖いですね〜。 最後、なかなか良いこと言っていました。 「人類がこの力を有効に使うには、 まだ未 …

バトルシップ

バトルシップ 爽快な宇宙人との対戦ものですね。 近年は、圧倒的な科学力の宇宙人というより、手強いけど弱点を付けば逆転可能な宇宙人というレベルですね。 いや、圧倒的なのかな? 楽しめました。自衛艦も活躍 …

みんなのいえ

みんなのいえ スタンダード・エディション 滑稽でした。 インテリアデザイナー(唐沢寿明)と棟梁(田中邦衛)の間に揺れる施主。デザイナー=妻の同級生/棟梁=妻の父親。 一見西洋かぶれに見えるデザイナーが …

エンジェル ウォーズ(Sucker Punch)

エンジェル ウォーズ [DVD] (原題: Sucker Punch, 直訳だと「予想外の殴打」)のDVDを見ました。 『300』等の監督ザック・スナイダーの作品です。 1950年代。 精神病院に入れ …

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 通常版 やっぱり見てしまうんですが、ラオウ役の宇梶剛士の声がちょっと… 昔のテレビ版の印象が焼き付いているんですね。 絵は原作 …