マルドゥック・スクランブル

投稿日:2004年9月3日 更新日:


ms_1
マルドゥック・スクランブルThe First Compression 圧縮

殺されかけた少女がマルドゥックスクランブル09という特別法の適用により蘇った。
ウフコックという最強の相棒と共に事件究明に立ち向かう。




ms_2
マルドゥック・スクランブルThe Second Combustion 燃焼


ms_3
マルドゥック・スクランブルThe Third Exhaust 排気

全3巻 なぜエンジンのメカニズムに基づいたシリーズ名なのか不明。
言わせてもらえれば、ウフコックがついていて負ける気がしない。
なんと3巻中のほぼ丸一巻はカジノでの賭博シーン。難しいルールはよく分からないけど
読んでしまうのが魅力なのか?
無難に読み切りました。天野喜孝っぽいカバーイラストはちょっと好き

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

わたしがあなたを選びました

著者は産婦人科医の方です。 “おとうさん、おかあさん、あなたたちのことを、こう、呼ばせてください  あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、私は地上におりる決心をしました。” とはじまります… …

祝山

祝山 (光文社文庫) 加門七海さんの著書はどうも、読んでしまうんですよね。 凄く怖いというわけではないのですが、 なんだか怖さが染みこんでくる感じでしょうか。 ジワジワッと来て怖い。 知人が肝試しに行 …

病気にならない生き方

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- 職場で回覧されてきました。牛乳が良くないというのはウェブ上で見た事がありまして、この本からの転載だった様です。見覚えがありました。 環境や …

ぼくが葬儀屋さんになった理由

ぼくが葬儀屋さんになった理由 株式会社 ティアの創業者 冨安徳久さんの著書(自伝)です。 大学生活のために借家を見つけ、アルバイトが転職となって大学に通わず葬儀社に入社。 その後、自分の心の通う葬儀を …

新耳袋―現代百物語〈第4夜〉

新耳袋―現代百物語〈第4夜〉 (角川文庫)に収録されている、「噂の山の牧場」を読みたくて借りてみました。 新耳袋は一通り読んだはずだけど、制覇することに重きを置いていた気がするので内容は余り覚えていま …