映画

ドッグヴィル

投稿日:2006年9月6日 更新日:

そして「誰も居なくなった」という言葉がぴったりな結末でした。
美しき逃亡者、そして排他的な小さな村。
15メートル四方くらいな床に間取りを書いただけというシンプルなセットの中だけで完結するある意味すごい映画です。
ある程度想像していたとはいえ、精神的にやられました。

ニコールキッドマンが可哀想で、そしてちょっとスカッとする。やるせないなあ。
ニコールキッドマン、相変わらず美しいがガリガリなんですね

2003デンマーク

-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラヂオの時間

ラヂオの時間 スタンダード・エディション みんなの家に続いて、三谷幸喜監督作品。 日本独特というか、どたばたですが、最後にちょっと救いがあってクリエイター魂を揺さぶる。 みんなが一つの物を作り上げるこ …

ステルス

ステルス デラックス・コレクターズ・エディション いやあ、仕事でちょっと絡んだので気になっていた映画なのですが 観に行くほどでも借りに行くほどでもなかったので、 テレビ放映されてみました。 最初からい …

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

みんなのいえ

みんなのいえ スタンダード・エディション 滑稽でした。 インテリアデザイナー(唐沢寿明)と棟梁(田中邦衛)の間に揺れる施主。デザイナー=妻の同級生/棟梁=妻の父親。 一見西洋かぶれに見えるデザイナーが …

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

ワイルドスピード自体初めて見たのですが、東京が舞台という事で色んな所でデモムービーを見た気がします。 そのせいで、見たくて仕方なくなってしまったのですが…あの妻夫木の「ゴー!」のシーンがかなりポイント …