つれづれ 映画

男たちの大和/YAMATO

投稿日:2008年10月18日 更新日:

劇場公開時から観たかった本作です。
不本意ながら自宅でビデオ録画を観ることになりました。
家族が寝た後一人で観たのですが、涙が止まりません。

涙もろくなったのか、子供が出来たからか(帰ってこないかもしれないと思いつつ)戦場に送り出す親の心境がリアルに想像できてしまうので、そういうシーンは涙が止まりませんでした。

国を守るため、国にいる大事な人たちを守るために自分の命をなげうって戦う。
戦争は無いに超したことはありませんが、すばらしい精神です。

呉に実物大セットを組んだとのことですが、映画の出来としては、
大和のセットがちょっと軽い(ハリボテっぽく見える)とか、
後ろで整備している兵との遠近感がおかしかったり巨大さや重量感、質感の表現がもう一歩な気がします。

実物観たことがないからわかりませんが、イメージとして。
もう生ける歴史である、戦争体験世代の方々が少なくなってきました。
記録として、歴史として後世に伝えていかなければいけません。
また、侵略することもあってはいけませんが、侵略されることも許されないのです。
私は軍隊(自衛隊)は不要とは思いません。
スイスのように永世中立国の様な立場が良いと思いますが、
アメリカの後立て無くしては負担が大変重いものになるので、
簡単には不要とは言えないと思います。
アメリカに頼るだけでなく、日本独自ので防衛力、日本を侵略する拠点を叩く攻撃力は必要ではないかと思うのです
。そのためにある程度の兵器開発も必要ですし効率化は必要ですが、防衛予算も必要以上に削る必要もないと思います。


長くなってしまいましたが、
私の祖父は幼少の頃の怪我によって兵役検査で不合格だったために
大和の建造に携わったと聞きました。
これを聞いたのは、私が幼稚園の頃、誕生日かこどもの日か(クリスマス)に戦艦大和の1/250スケールの田宮のプラモデルをもらったことです。
当時おまけのキットや、工作は好きでしたかが
初めてもらった本格的なプラモデルです。
(塗装やヤスリまではいきませんが)液体セメダインやニッパーもセットで入れてくれ、基本組み立てが出来るものでした。
ネジってパーツをちぎって居たり、
チューブ式のセメダインで溢れるように接着していた頃とは雲泥の差です。
せっかくもらった巨大プラモデルを上手に作ることは出来ませんでしたが、
自分なりに丁寧にじっくり作りました。
そのとき、箱絵イラストと違って実際はこうだったとか、ここはこうなっているとか
隣にいた私の父に熱心に語っていたのが記憶に残っています。
ただ、幼稚園児の私には難しいと思っていたでしょうし、私もプラモデル自体を組み立てる想像に夢中でその話の内容まではあまり鮮明に覚えていません。
今思えば、生前に聞いておくべきでしたと痛感しています。
このように生き証人や記憶や記録を無くしていってしまうのですね。

-つれづれ, 映画
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

能登の旅-2 〜恋路号は往く〜

〜1998年の旅行のお話です。8回にも及ぶ長編。 旧コンテンツからまとめて引っ越ししたものなので、物好きな人は読んでね〜 第1話はこちら 3/27金(2日目) AM 8:00頃 目が開き、左右を見ると …

あらしのよるに

嵐の夜に雨宿りで偶然出会った、オオカミ『ガブ』とヒツジ『メイ』の友情。 お互いの仲間との板挟み。そして旅立ち。 無邪気なガブの声は、まあイメージが近いけど メイの声はやたら落ち着きすぎていて、子羊には …

ロード・オブ・ザ・リング

以前書いたものの転載です ロード・オブ・ザ・リング コレクターズ・エディション トリロジーBOX セット (SEEではないけど、完結してお手頃価格ですね) 観ました!  公開前日に、前売り券を劇場に買 …

ほしのこえ

『私たちは空に引き裂かれた恋人のようだね』 時々見てはウルウルしています。 新海誠の作品はどれも背景画が抜群に綺麗。 『ほしのこえ』はさいたま市近辺がイメージベースになっていてどこか懐かしい香りがしま …

no image

死を喚ぶカスタムバイク

それは数年前の夏、A県A市に墓参りに訪れた時でした。 秋田市の寺町というところで、その名の表す人通りの少ない通り寺が多い街並みでした 陽炎が揺らぐような暑い日中、 ぽつりと一台のバイクが佇んでいました …