アーサー王伝説(サトクリフ・オリジナル)

投稿日:2009年1月24日 更新日:

アーサー王伝説のサトクリフオリジナルシリーズ全3巻を読み終えました。

映画のアバロンを観て、指輪物語に魅かれて行き着いたアーサー王伝説。

アーサー王と円卓の騎士
―サトクリフ・オリジナル

2001年刊の物(見た中では1番新しいらしい)を図書館で借りてきて読んでいます。
400ページほどでハードカバーですが、字が大きく読み易いです。

原書房  ISBN 4-562-03391-6 1800円(税別)
ローズマリ・サトクリフ著
山本史郎 訳

湖から乙女が出てきたりして確かにそそりますが作りが、甘く感じてしまうのは私だけでしょうか?
いま1巻にあたる「アーサー王と円卓の騎士」を1/3位読み進みましたが、
マーリンって怪しい。とか
エクスカリバーってこんな簡単に手に入っちゃうの?とか円卓ってバカデカイのね。
(てっきり幹部が会議する8人掛け位の物かと思ってました)
とか勝手に膨らんだ空想とのギャップに打ちのめされています。
ただ返却日も迫りますし(2週間ですが私にとっては短すぎ)
なんて言っている割に読み進んでおります。一応展開は気になります。

私にとっては著者のローズマリサトクリフさんの文体が合わないのか、
訳者さんと合わないのか分かりませんが、凄く物足りない。
文面や文字の大きさからいうと、私個人的には対象年齢10〜15才って感じです。
中身を突き詰めてドラマチックに構成し直せば1エピソードで1巻位のボリュウム
にはなると思いますが・・・
無意味に人が死にすぎるし、子供も作られすぎ(着床率高すぎ)
同じ円卓の騎士で、仲も良いのに逆光で盾の紋章が認識できないだけで
「いざ勝負!」となって死ぬまで戦うか情けを受けるかどちらかになってしまう。
それでは騎士も消耗品です。
法で裁かれる平等な世の中を作ることに人生を賭けたアーサーには悪いですが、
騎士をもっと大事にして欲しいところです。
むやみに決闘はしないとか・・・
聖剣エクスカリバーも簡単に手に入っちゃうし。
マーリンも意外と怪しい人物だし去年読んだ「指輪物語」と
比較するのは悪いけど50対2位で完敗です。
全くの私見で申し訳ありませんが、ファンの皆様を敵にわましてしまうかも知れませんが、私個人の感想です。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金正日の私生活

金正日の私生活 ―知られざる招待所の全貌 藤本 健二の前作『金正日の料理人?間近で見た権力者の素顔』を招待所ごとのエピソードに分けた様なもの。 2006年刊なのでコメント等は拉致問題などに絡めてアレン …

映像制作ハンドブック

映像制作ハンドブック―映像に係わるすべてのクリエイターの必読書 (玄光社MOOK) 広く浅く、まず映像制作について基礎知識を得るのに最適な一冊です。 基本工程と、撮影、編集、録音と基本用語について解説 …

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 日本に頼る場所がない、居場所がない、信頼出来る身内や知人がいないなど まあ苦しいのは分かりますが、この著書の取材の様子を垣間見るとまあ自業自得としか …

大江山幻鬼行

文藝百物語を以前読んで気になっていた加門七海の大江山幻鬼行を読みました。 タイトル通り、鬼にまつわる調査旅行がそのままストーリーに。 3/1くらい読み進めて行くと、ネタが分かってしまいます。 著書の依 …

アップルのデザイン

アップルのデザイン ジョブズは“究極”をどう生み出したのか 日経デザインの連載を再構成して書籍化したものです。 デザインプロダクトのこだわりの工法や進化、SUMSUNGとの訴訟の内容から結果、この先ま …