オススメ 映画

インターステラー

投稿日:2017年1月20日 更新日:

intesrsteller

終末を迎えつつある地球を救うために宇宙へ飛び立つか葛藤する父親。
子ども達を救うためには行くべきだが、戻ってくるまでには長い年月が掛かってしまう。

意を決して旅立つが地球を離れるごとにメッセージの送受信に年数を要するようになっていく。
さまざまなハプニングと計画変更による年月の浪費…1つの星に立ち寄るだけで地球では数年〜十数年の年月が経ってしまう。
自分の年を超えてしう我が子と、父を呪う我が子のメッセージ。

さまざまな苦難と時空と時間を超えて我が子のもとに戻ることが出来るのだが…。
「あなたはいつもわたしを置いていってしまう…(ちょっと違うかも)」
老婆になって老衰間近の娘に言われた、この言葉が心に刺さります。

また観よう。

2014年アメリカ

-オススメ, 映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

陰日向に咲く

陰日向に咲く 劇団ひとり著の小説を原作とした映画です。 まあ原作を読まずにカットされたテレビ放映で見たので何ともいえませんが 最初の悲壮感漂う主人公…岡田准一が結構良い味出してますね、SPの時も好きで …

男たちの大和/YAMATO

わたしがあなたを選びました

著者は産婦人科医の方です。 “おとうさん、おかあさん、あなたたちのことを、こう、呼ばせてください  あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、私は地上におりる決心をしました。” とはじまります… …

ベクシル-2077日本鎖国-

「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版 21世紀初頭。人類に延命効果をもたらしたバイオ・テクノロジーとロボット産業が急速に発展を遂げたことにより、日本は市場を独占し世界を大きくリードした。 しかし様々 …

イヴの時間

「未来、たぶん日本。“ロボット”が実用化されて久しく、 “人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」 アンドロイドは判別用にリングを頭に表示する。また、不法投棄された野良ロボットが …