映画

ヒトラー ~最期の12日間~

投稿日:2006年7月21日 更新日:

妻が子供を連れて友人宅へ遊びに行ったので、やっと見ることができました。こどもはおとなしく見ていてくれないので大変です。
ヒトラーの狂気や支離滅裂さが上手く出ていた思います。
『ヒトラー最後の12日間』というよりは『防空司令部最後の12日間』または『ドイツ第三帝国最後の12日間』というような内容でしょうか。
レンタルビデオの隣に我が闘争などヒトラーものが並んでいて興味をそそられましたが、ドミノと2本立てで見るのが精一杯でした。
一番印象に残ったのはSSの恐ろしさです。

-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

鉄道員(ぽっぽや)

広末涼子可愛い。 高倉健とその娘役の広末涼子、奥さん役の大竹しのぶ等の主演で 昭和から平成に変わるころの時代背景と、国鉄からJRへの移り変わりを描写しているように見えました。 廃線寸前の北海道のローカ …

みんなのいえ

みんなのいえ スタンダード・エディション 滑稽でした。 インテリアデザイナー(唐沢寿明)と棟梁(田中邦衛)の間に揺れる施主。デザイナー=妻の同級生/棟梁=妻の父親。 一見西洋かぶれに見えるデザイナーが …

サイレントヒル

サイレントヒル ゲームが元となったハリウッド映画です。 娘シャロンが夢にうなされて「サイレントヒル」と叫ぶ。母は、この謎を解明するために「サイレントヒル」へ娘と二人で向かいました。 サイレントヒルとは …

隣の家の少女

映画化のニュースをふと目にして、記事を読み目にとまった原題『The Girl Next Door』 からアイドルグループ『GIRL NEXT DOOR』の名前が浮かんでしまいました。 関連があったら嫌 …

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲