映画

ヒトラー ~最期の12日間~

投稿日:2006年7月21日 更新日:

妻が子供を連れて友人宅へ遊びに行ったので、やっと見ることができました。こどもはおとなしく見ていてくれないので大変です。
ヒトラーの狂気や支離滅裂さが上手く出ていた思います。
『ヒトラー最後の12日間』というよりは『防空司令部最後の12日間』または『ドイツ第三帝国最後の12日間』というような内容でしょうか。
レンタルビデオの隣に我が闘争などヒトラーものが並んでいて興味をそそられましたが、ドミノと2本立てで見るのが精一杯でした。
一番印象に残ったのはSSの恐ろしさです。

-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 通常版 やっぱり見てしまうんですが、ラオウ役の宇梶剛士の声がちょっと… 昔のテレビ版の印象が焼き付いているんですね。 絵は原作 …

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル やっと見ることができました。 時代背景が面白いです。 訴訟を次々に起こされたヒーロー達が正体を隠して日常生活を送っている世界〜 Incredibleの英語の意味的には、「信じが …

九州新幹線開業記念CM「祝!九州」

先日このブログでご紹介した、YouTubeで観て感動しました。 東日本大震災で埋もれてしまったけど、この感動をもう一度みたい!! 衝動買い(予約)してしまいました。 いろいろなバージョンのCMやCMに …

県庁の星

県庁の星 織田裕二が扮する県庁のエリート公務員(キャリア?)が プロジェクトと称して小売りのノウハウを吸収するという 人材交流のメンバーに選抜されます。 とえば聞こえは良いですが、要は勢力図が変わった …

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー 三谷幸喜監督作品です。相変わらずの三谷節前回。 明らかにセットらしい街もまあ、いいんじゃないって感じです。 佐藤浩市のベタな役者ぶりが笑わせます。寺島 進もいい味出してる。