映画

塔の上のラプンツェル(3D)

投稿日:2011年5月9日 更新日:

うわあ、もう一ヶ月前だ。
子供の同級生の家族と一緒にお出かけしました。
映画館は久しぶりです。
前はプリキュアかな…
最近は映画中の携帯電話の光が不快で映画館は敬遠していました。
家族だとお金も掛かるし、大人の映画で小さい子供に2時間近く
静かに座らせておくのは無理です。
3Dは家電量販店の体験コーナーを除いては初体験です。
メガネの上にメガネをかけないとならないのは、まあ仕方ないですね。
クリップ型もあったのですが、100円高かったので辞めました。
さて、ディズニー映画は3Dに移行するにあたって2Dのイラストレータやアニメータを
解雇したことがあります。
それに前後して3Dの過渡期からピクサーを子会社にする頃までは、ディズニーにしては残念な映画が多くちょっと離れていました。
ライオン・キングとか美女と野獣は劇場で観てLDを持っていました。
内容は滑らかなディズニーらしいキャラクタや活き活きした動き。3Dであることは破綻のない立体感などで一目瞭然ですが、素晴らしいです。
ラプンツェルが快活で活き活きして年頃の女の子としてカワイイ。
観ていてただ楽しかったです。
原作は読んだことがないので分かりませんが、妻が言うにはちょっと話が違ったねと言うことですね。絵本も沢山あるみたいなので読もうとすればすぐ読めるのですが…
魔法の髪を目当てにラプンツェルをさらって育てていた女ゴーテルも、育ての親としてはラプンツェルを手放したくないが為に塔から出さないという以外は、そう悪くないと思ってしまいました。その前提を無くすと恐ろしく豹変します。この二面性が怖いのかな…
というわけで、面白かったですよ。
3Dはというと、本当に飛び出して見えたし、CGだとZ値を何かしらでフィルタリング(奥行きに応じて左右の目に合わせたずらし処理)すれば3D化はそんな手間ではないでしょうしCGは3Dには向いているでしょうね。
自宅で3Dを観るかと言えば観ません、今のところは。
重いメガネをして観たくないし目が疲れるのも確かです。
ずーっと寄り目をしていた感じの違和感が観た後に残ると言えばいいのでしょうか…。
DVDは、ちょっと欲しいかも。
その前にBLプレーヤーが欲しいかも

塔の上のラプンツェル オフィシャルサイト

-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドミノ

ドミノ 実在した女性バウンティハンター、ドミノ・ハーヴェイの生涯を描いたバトル・アクション・ムービー。 有名俳優を父に持ち、モデルも経験する美貌を持つも、賞金稼ぎ家業にひた走るドミノ。ビジュアル的に魅 …

252 生存者あり

252 生存者あり [DVD] 史上最大の巨大台風、日本直撃! 「絶対に生きて還る」 「絶対に助け出す」 不屈の脱出劇と、決死の救出劇――運命を分かつ18分。 日本映画史上空前のスケールで贈る、 衝撃 …

インターステラー

終末を迎えつつある地球を救うために宇宙へ飛び立つか葛藤する父親。 子ども達を救うためには行くべきだが、戻ってくるまでには長い年月が掛かってしまう。 意を決して旅立つが地球を離れるごとにメッセージの送受 …

ほしのこえ

『私たちは空に引き裂かれた恋人のようだね』 時々見てはウルウルしています。 新海誠の作品はどれも背景画が抜群に綺麗。 『ほしのこえ』はさいたま市近辺がイメージベースになっていてどこか懐かしい香りがしま …

ブレイド

蔵出しエントリーです。 ブレイド〈DTS EDITION〉をレンタルで観ました。 ロードショーでも観てみたかったのですが、 現代風なバンパイア社会と人間社会の絡み合いと、 バンパイアの犠牲になった主人 …