映画

Vフォー・ヴェンデッタ

投稿日:2011年12月26日 更新日:


Vフォー・ヴェンデッタ


ナタリー・ポートマンは本当に美人になりましたねえ。ため息が出ちゃう。
時は、第3時世界大戦後アメリカがイギリス同盟に敗退した後の世界です。
イギリスは独裁政権下に置かれています。

言論の自由、夜間外出禁止、秘密警察…
そんな体制への反逆者としてVが裁判所を爆破する。
しかし、ニュース報道の捏造、政権を取り繕うための制作、陰謀…
今の御時世とかぶる気がするのですが…
その後、テレビ局を占拠し、1年後に国会議事堂前の前に集えとメッセージを流す。
夜間外出時に秘密警察に見つかってしまうイヴィー(ナタリー・ポートマン)、その危機を救う「V」。
最初は警戒していたのですが、徐々に距離を近づけるイヴィーとV。
Vの過去、そして特別警察に捕まってしまうイヴィー…
そして約束の1年後…
あんな爆弾を用意して、民衆ともども爆破してしまうのでは!? とか
よくあるように一発の銃声が引き金にとか、一人の暴力がきっかけにとか、
群衆と軍隊は、小さな出来事で潰し合いになってしまうのではとかハラハラしましたが、
無事に体制とVの復讐は終わったのでした…。
テンポもよく、Vの超人的な強さも堪能でき大変楽しめた一作でした。

-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オーメン

オーメン [Blu-ray] posted with カエレバ グレゴリー・ペック 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2016-12-02 Amazon 新しいオーメン見てきま …

塔の上のラプンツェル(3D)

うわあ、もう一ヶ月前だ。 子供の同級生の家族と一緒にお出かけしました。 映画館は久しぶりです。 前はプリキュアかな… 最近は映画中の携帯電話の光が不快で映画館は敬遠していました。 家族だとお金も掛かる …

ピンポン

ピンポン 同名のコミックからの映画化です。 コミックも読んだ事ありますが、 個人的にはこの絵柄に拒絶反応を起こしてしまって読むことができません。 独特の世界観もちょっと私には受け入れがたい感じです。 …

ヒトラー ~最期の12日間~

妻が子供を連れて友人宅へ遊びに行ったので、やっと見ることができました。こどもはおとなしく見ていてくれないので大変です。 ヒトラーの狂気や支離滅裂さが上手く出ていた思います。 『ヒトラー最後の12日間』 …

ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード [DVD] 一年くらい前にテレビ放映した物をやっと見る事が出来ました。 聖杯の時代背景とか十字軍とかテンプル騎士団、ローマ方法、バチカン…などとの 相互関係を理解するのが大変でし …