自衛隊新戦車パーフェクトガイド

投稿日:2010年12月14日 更新日:


jieitai自衛隊新戦車パーフェクトガイド

10式戦車の情報は少なく、ネットで検索すると総時間も掛からず出てくる程度の内容です。
しかし、個人的には付属のDVDがいいですね。
富士の総合火力演習が現場で見るより良く見えます(笑)し、90分ほどで大体網羅いるようです。

10式戦車の動画はちょこっとだけでしたが、入っています。
後半にある対戦シナリオも現在の政局をなぞった上であり得なくも無さそうなフィクションに仕上がっており短く楽観的な戦局とはいえ楽しめました。

まあこの値段の割には厚みは少ないですが、まだ試作ですし仕方がないのでは?

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぼくが葬儀屋さんになった理由

ぼくが葬儀屋さんになった理由 株式会社 ティアの創業者 冨安徳久さんの著書(自伝)です。 大学生活のために借家を見つけ、アルバイトが転職となって大学に通わず葬儀社に入社。 その後、自分の心の通う葬儀を …

工場萌えF

工場萌えF 前作「工場萌え」に続く、 第2弾「工場萌えF」が2年の月日を超えて現実のものとなりました。 いやすみません。私もこの本を知ったのは、つい最近でした。 なんか分からないけど、写真はこちらの方 …

友だち地獄

友だち地獄 ―「空気を読む」世代のサバイバル 1970年代から、いじめが 目立つようになってきたということ。 私は思いっきり70-80年代に小中学校を過ごした。 その時代を過ごした割には、内容には実感 …

傷だらけの店長~それでもやらねばならない~

傷だらけの店長 ~それでもやらねばならない~ 「リストラなう!」の中で紹介されていた書店店長の奮闘記です。 本を愛しているが為にアルバイトから書店員、そして店長になった、著者の伊達雅彦さん。 困った客 …

マンガ中国入門

マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究 同じく問題作の「マンガ嫌韓流」と本書の出版時期が重なったのは 「偶然」というよりはむしろ日本の国民感情の「マグマ」が臨界点 に達しつつあることからくる「必然」のよ …