映画

ウルトラヴァイオレット!!!

投稿日:2007年6月4日 更新日:


ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション

ミラ・ジョヴォヴィッチ最高!! 格好いい!! 素敵!!
アクションはマトリックスと、リベリオン -反逆者-の良いとこ取りって感じ!!
バイオハザードのテイストもかなり入っています。
建物のデザインとか、かなり盛り込まれています。
統合省とかの施設に比べ、
一般建築物をみすぼらしく見せようという意味かもしれませんが
CGの手抜きに見えなくもありません。
だってさあ、茶色い固まりにしか見えないんだもん。
それに髪の色やコスチュームの変化も特に意味はなく、見た目っぽい。
意味があるのかもしれませんが、説明はありません
でもミラが格好いいからいいのです。
アメコミ風のオープニングも格好いい、
でもキャストの名前の登場の仕方がわかりにくいんじゃないのかな…
アメコミ風オープニングが格好いいのではなく、アメコミの紙面が格好いいんだろうね。
テイストも統一されすぎていないし。
これはアメリカ映画だからいいのであって、全てこうしたらいいとは言えないですよ。
バイオレットをアメコミヒロインとして味付けしたのがいいんでしょうね。
隣にイーオン・フラックスもあって迷いましたがミラの勝ちです。
秘密兵器のシックスは不細工で、敵のボス「ダクサス」は嫌な男。
ブラッド・シノワは何故ファージから恐れられているか分からない、チャイニーズマフィア?
なんでさあ8方向以上から囲まれて当たらないの?
400年以上未来なのに兵士の銃は進歩していないんですが…
まあ、ミラのアクションプロモーションです。
音楽もスタイリッシュで格好いいですよ。
ストーリーは?ですが、そう考えると良いです。
そういう意味ではお勧め。
BMWのバイク何だけどスポンサーなのかな?
もうちょっと未来感を出して欲しいよ
リベリオン -反逆者-
バイオハザード
マトリックス 特別版
イーオン・フラックス スタンダード・エディション

-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

陰日向に咲く

陰日向に咲く 劇団ひとり著の小説を原作とした映画です。 まあ原作を読まずにカットされたテレビ放映で見たので何ともいえませんが 最初の悲壮感漂う主人公…岡田准一が結構良い味出してますね、SPの時も好きで …

スフィア

スフィア 環境にハラハラ、生身じゃ逃げられない深海底に 閉じこめられてのアクシデントの恐怖。 うんうん、怖いですね〜。 最後、なかなか良いこと言っていました。 「人類がこの力を有効に使うには、 まだ未 …

ステルス

ステルス デラックス・コレクターズ・エディション いやあ、仕事でちょっと絡んだので気になっていた映画なのですが 観に行くほどでも借りに行くほどでもなかったので、 テレビ放映されてみました。 最初からい …

みんなのいえ

みんなのいえ スタンダード・エディション 滑稽でした。 インテリアデザイナー(唐沢寿明)と棟梁(田中邦衛)の間に揺れる施主。デザイナー=妻の同級生/棟梁=妻の父親。 一見西洋かぶれに見えるデザイナーが …

インサイド・ヘッド(評価のみ)

記憶の仕組みなどよく考えられた構造で視覚化・キャラクター化されていると思います。 インサイド・ヘッド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] …