スーパーヒューマン誕生! ―人間はSFを超える

投稿日:2017年1月14日 更新日:

VRについて興味があったのでVRビジネスの衝撃―「仮想世界」が巨大マネーを生むを読もうと思ったらAmazonのオススメでスーパーヒューマン誕生! ―人間はSFを超えるが目に入りました。

科学の話では、イメージの共有をしやすくするために「○○のアニメの〜」「○○の映画の〜」という例えをよく使うそうです。
本文中でも「ドラえもんの〜」というように例えられているので分かりやすいですね。

日本人の優れた技術者の流出についての懸念についても触れられていますが、
「優秀な技術者が海外で活躍し世界で活躍するのは、大切なことだ、流出を上回る速さで技術者を育成すれば良い」という一文には少々衝撃を受けました。
日本の技術とたしかにそうですが、中国などの台頭や長引く不景気により、今とこれからの日本にそれが出来る土壌なのかどうかが気になるところでした。

VRに没入して自分の姿を三人称で観ると違和感があるとか脳波や神経へ電極を繋いで動かせる義肢など実現化されている実例。サイボーグと身体拡張の違いの再認識など、読むのはつかれたけど面白かったです。
サイボーグ:人体の器官を機械に置き換える/融合させること。
身体拡張:着脱可能な機器により機能を拡張/向上させること。装着時は身体と一体化する。
という定義(私が噛み砕いた感じです)ということで、フムフム。

近年義手などもカッコイイ物が出てきてますね。
hand
バイオニックハンドを開発している「exiii」という日本企業

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さいごの色街 飛田

遊郭が火事で焼けて移転したという飛田新地。「とびた」と読むそうです。 こんなところがあるんだ〜という感じ最近の書籍があったので読んでみました。 あいりん地区に隣接した一角で、昔も今も借金の形に引き取ら …

帝都東京・隠された地下網の秘密

帝都東京・隠された地下網のの秘密 こういうお話は大好きです。わくわくしてしまいます しかしながら、東京の地理にあまり詳しくないので、把握できない。 せめて巻頭か巻末に都地図入れといて〜(ちょっと大きめ …

203号室

203号室 もう蒸し暑い時期は終わりつつある様な気がしますが… さらっと読みやすい加門七海の文体。しかしながらおぞましい、そして薄ら寒い表現が知らないうちに自分を取り巻いている気がしてきます。203号 …

工場萌えF

工場萌えF 前作「工場萌え」に続く、 第2弾「工場萌えF」が2年の月日を超えて現実のものとなりました。 いやすみません。私もこの本を知ったのは、つい最近でした。 なんか分からないけど、写真はこちらの方 …

友だち地獄

友だち地獄 ―「空気を読む」世代のサバイバル 1970年代から、いじめが 目立つようになってきたということ。 私は思いっきり70-80年代に小中学校を過ごした。 その時代を過ごした割には、内容には実感 …