毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

投稿日:2013年1月2日 更新日:

毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

色っぽい声、仕草、頭のなかではなんとなく分かりますが
この容姿からは想像がつきません。

著書の女性による女性のためのアダルトグッズ専門店を経営する北原みのりさん視点の女性視点だから、そういう視点が多いのか?
私の男性視点だとなんとも言えないのですが…

そんな魅力的な女性の仕草や声を聞いてみたいですね。

昨年末に読んでいたのですが
私はこの毒にやられたのか、仕事納めの後に熱を出して
休みなのを良い事に数日寝ていました。

高齢の男性独身が20代の女性と結婚を前提に交際できる
というところにころっと引っかかって、

それも全てがスピーディーです。
金銭支援まで出会ってから数日とかそれも多い人は数百万円!

びっくりです。

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地下鉄は誰のものか

地下鉄は誰のものか 少し前に読みました。 猪瀬福都知事は、着実に仕事を進めている感じがしますね。 営団地下鉄と都営地下鉄の同じ駅なのに仕切り壁があったり、 そういう不合理をなくして統合していって欲しい …

お父さんはやってない

お父さんはやってない 冤罪は恐ろしいですね。 混み合った電車に乗っていて、いつ自分がそう言う立場になってもおかしくないのです。 痴漢は許せませんが、冤罪の人を追い込むのも許せません。 それをどう、戦っ …

上海、かたつむりの家

上海、かたつむりの家 今まで誰もここまで描けなかった 可笑しくて、切なくて、100%リアル! 中国の大ベストセラー小説、初邦訳 本書『上海、かたつむりの家』は、大都市・上海で生きる男女4人の可笑しくも …

金正日の私生活

金正日の私生活 ―知られざる招待所の全貌 藤本 健二の前作『金正日の料理人?間近で見た権力者の素顔』を招待所ごとのエピソードに分けた様なもの。 2006年刊なのでコメント等は拉致問題などに絡めてアレン …

インシテミル

細かい設定はさておき、超高給アルバイト時給11万2千円に応募し決定した12人。 ルールブックの掟に従わない場合は殺されることもあり、各人には武器が用意してある。 実験のための地下の密閉施設で7日間を過 …