毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

投稿日:2013年1月2日 更新日:

毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

色っぽい声、仕草、頭のなかではなんとなく分かりますが
この容姿からは想像がつきません。

著書の女性による女性のためのアダルトグッズ専門店を経営する北原みのりさん視点の女性視点だから、そういう視点が多いのか?
私の男性視点だとなんとも言えないのですが…

そんな魅力的な女性の仕草や声を聞いてみたいですね。

昨年末に読んでいたのですが
私はこの毒にやられたのか、仕事納めの後に熱を出して
休みなのを良い事に数日寝ていました。

高齢の男性独身が20代の女性と結婚を前提に交際できる
というところにころっと引っかかって、

それも全てがスピーディーです。
金銭支援まで出会ってから数日とかそれも多い人は数百万円!

びっくりです。

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヴェロニカ・ゲリン

去年の12月頃に読んだ本ですが、読んでみました。 ドラマにするほどかなあ… 突っ込んだ取材がドラマチックなんだろうか? 子供が巻き込まれそうになったのが? 何度も命を狙われたのが? アイルランドのマフ …

東京少女

東京少女~ぼくとオタとお姫様の物語 東京少女(Tokyo Girl)。 なかなか上手いネーミングだと思う。 もともとは『ぼくとオタとお姫様の物語』というようなタイトルだったと思う。 ネット上で読んだの …

弱虫ペダル

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)を5巻まで読みました。 現在6巻まで発売中。 高校に進学した、運動神経ゼロの小野田坂道君。 毎週欠かさず、それも交通費節約のために千葉の自宅から 秋葉原 …

大東京ぐるぐる自転車

大東京ぐるぐる自転車 2002年まで日本大学芸術学部教授であった著者 伊藤 礼氏(78歳?)の自転車に対する思いと出来事を淡々と語る一冊です。 残念ながら読破することはできませんでしたが心と時間にゆと …

友だち地獄

友だち地獄 ―「空気を読む」世代のサバイバル 1970年代から、いじめが 目立つようになってきたということ。 私は思いっきり70-80年代に小中学校を過ごした。 その時代を過ごした割には、内容には実感 …