毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

投稿日:2013年1月2日 更新日:

毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

色っぽい声、仕草、頭のなかではなんとなく分かりますが
この容姿からは想像がつきません。

著書の女性による女性のためのアダルトグッズ専門店を経営する北原みのりさん視点の女性視点だから、そういう視点が多いのか?
私の男性視点だとなんとも言えないのですが…

そんな魅力的な女性の仕草や声を聞いてみたいですね。

昨年末に読んでいたのですが
私はこの毒にやられたのか、仕事納めの後に熱を出して
休みなのを良い事に数日寝ていました。

高齢の男性独身が20代の女性と結婚を前提に交際できる
というところにころっと引っかかって、

それも全てがスピーディーです。
金銭支援まで出会ってから数日とかそれも多い人は数百万円!

びっくりです。

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

悪魔が来りて笛を吹く

どこかで聞いた事のある名作です。 気にはなっていたので漫画で読んでみました。 私は登場人物を把握するのが苦手。 劇画調でカットによって人が変わる。ちょっと分かりにくかったです。 なんとかね、気になって …

「人」を食う中国人 割を食う日本人

「人」を食う中国人 割を食う日本人 五十嵐らんさんの2冊目となる著書です。 ブログに掲載されていた内容に、漫画というか挿絵が付いて読みやすくなった本です。 内容はすでにブログで読んだ物ばかりですが、改 …

NHKにようこそ!

引きこもりでダメダメ人間の主人公の前に現れた美少女「岬」 しかし彼女ももっとダメダメだった。何かと面倒を見てくれたり立ち直る手伝いをしてくれたりしますが、じつは自分よりダメダメ人間を近くにおいて、自分 …

大東京ぐるぐる自転車

大東京ぐるぐる自転車 2002年まで日本大学芸術学部教授であった著者 伊藤 礼氏(78歳?)の自転車に対する思いと出来事を淡々と語る一冊です。 残念ながら読破することはできませんでしたが心と時間にゆと …

赤いヤッケの男

赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS) 山の会談を集めた本です。 実体験と聞き込みを元にしているので 怖いですよ〜 確かにテントを張って、布1枚ですから 外に気配を感じたら…それは半 …