SF画家加藤直之―美女・メカ・パワードスーツ

投稿日:2007年4月4日 更新日:



SF画家加藤直之―美女・メカ・パワードスーツ

やっと読み終わった…
どこかのブログでこの書籍を見つけた瞬間、これは読まねばと思った
が個人的には、中身はかなり退屈。
本当にやっと読み終わった、他の本が読めるというのが実感。
自分の描いた絵がフィギアにプラモデルになるというのは大変羨ましい事だが
話が退屈、文章に引き込まれる事がない。自己完結してしまった感じです。
ただバーチャル麗子(知っている人は少ないのでは?)これは知っているよ
もともと加藤さんがSF画家というのを今回知ったくらいです。
メカデザインもデザインもちょっと古くさくて、個人的には…
だった。
オークションに出してほしい人に譲るとしよう。
ファンの方には申し訳ないです。
ファンタジー画やSF画って好きなので、画集だったら純粋に楽しめたかな。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 日本に頼る場所がない、居場所がない、信頼出来る身内や知人がいないなど まあ苦しいのは分かりますが、この著書の取材の様子を垣間見るとまあ自業自得としか …

small planet(本城 直季 写真集)

small planet 出版社/著者からの内容紹介 ☆★ 2006年度 第32回 木村伊兵衛写真賞 受賞 ★☆ ミニチュアみたいなホントの景色 今流行? もう過ぎたのかは はっきり分かりませんが、 …

それでもお客様は神様ですか?

それでもお客様は神様ですか?―電器売場店員のクレーム日記 心が痛くなるエピソードです。 タイトルからして涙がにじみそうになる。 客としては安く買いたい、でも赤字を出させてまでという気は起きません。 「 …

友だち地獄

友だち地獄 ―「空気を読む」世代のサバイバル 1970年代から、いじめが 目立つようになってきたということ。 私は思いっきり70-80年代に小中学校を過ごした。 その時代を過ごした割には、内容には実感 …

悪魔が来りて笛を吹く

どこかで聞いた事のある名作です。 気にはなっていたので漫画で読んでみました。 私は登場人物を把握するのが苦手。 劇画調でカットによって人が変わる。ちょっと分かりにくかったです。 なんとかね、気になって …