映画

チェンジリング

投稿日:2016年12月9日 更新日:



チェンジリング

ある日突然、消えた息子。5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。Amazonより

ネタバレですが、失踪した我が子が見つかったと、親ならば誰でもそうだと思いますが、喜んで迎えに行くと背格好は同じだが違う子どもだった。周りの歓迎とそこで違うと言えない状況。しかも、到着した子どもはお母さんと寄ってくる恐ろしい実話。仕組まれたのか、それともなりすましか…。近所の人の反応は…。

それ以上に恐ろしいのがその周囲に居る群衆がそれを美談だと信じ込み、もっと喜べと詰め寄る心理です。
人間の集団心理は恐ろしいです。

PS.チェンジングではなく、チェンジリングなんですね…

-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秒速5センチメートル

やっと見ることができました。新海誠の最新作。 『ほしのこえ』、『雲のむこう、約束の場所』を見ましたが、どちらも二人の思いだけではどうしようもない壁や空間、時間が立ちはだかっています。 今回も、焦る心、 …

里見八犬伝

ドラえもんとか東映まんがまつり以外で、当時は新聞屋さんで映画招待券を結構もらっていたので映画館にちょくちょく行ったなあ。覚えている限り一番古い見に行った映画のうちの一つ。 もう一つは「野性の証明」「セ …

127時間

少し前に見たものです。 観た映画とかを簡単に記していこうかなと思い改めてブログを再開しました。 すこし溜まっていたので記憶をまさぐりつつ書いています。 『127時間』(原題: 127 Hours)は、 …

ローレライ

日本映画の質もちょっとずつ上がってきました。 でも最初の出航シーンのモデルがハリボテっぽかったなあ。 全体的に声がよく聞き取れませんでした。 海中で女の歌声が聞こえるのと艦内に女の子が居た時点でネタバ …

ステルス

ステルス デラックス・コレクターズ・エディション いやあ、仕事でちょっと絡んだので気になっていた映画なのですが 観に行くほどでも借りに行くほどでもなかったので、 テレビ放映されてみました。 最初からい …