たべもの

カツオの土佐造り

投稿日:2006年3月16日 更新日:


週末にこの季節恒例の加熱殺菌していない絞ったままのもので、賞味期限1週間という限定純米酒が届きましたので、
酒の肴の鰹を池袋東武百貨店に買いにいきました。
鰹の土佐造りが大好きでして、しかしながら品切れ。
売り場をうろうろしていると奈良漬けに何故か目を引かれ
試食すると旨い! 奈良漬け苦手だったんですが旨いです!
そんな訳で一日目は奈良漬けと冷やの純米酒。
酒が進む進む。(とは言っても2合です)
昨晩二日目は念願の生鰹。
これを自宅で土佐造り本当はワラの火で焼くらしいですが
ガスの直に強火で表面をちょっと焦がします。
これが出来合いと比べられないくらい香ばしく旨い!
ここ数年はこれで行ってます。今度は炭火でやってみようかな
これに自家製ポン酢! ショウガ、ニンニク、小ネギとさらしタマネギを載せてバクリ!
あとはフキノトウと薩摩芋の天ぷら。
これはお酒よりご飯が進んでしまいます。
こたつから出たくないので居酒屋風におにぎりを準備。
至福のときです。この為にポン酢を仕込んでいると言っても過言ではありません。
鰹を3回も食べたらポン酢がなくなってしまいますので。
今日も海に大地に感謝!
あと1合ありますが、何で飲もうか。
奈良漬けと一緒に京漬けも買ってあるんですが…


レシピ
新鮮な(出来れば生の)鰹を冊で買ってきます
(鰹は鮮度が落ちるとかなり風味がキツくなるので新しいのを選びましょう)
これをガスコンロに網を乗っけて直火で最大火力
表面が焦げるくらい焼きます。
本来はワラで焼くそうですが一般家庭ではちょっと難しいのでガスです。炭だったらもっと美味しいでしょう
ちょっと表面が冷めるくらい置いてから切ります。
これにさらしタマネギ、小ネギ、おろしニンニク、オロシショウガをお好みでトッピング。
美味しいポン酢にどっぷり浸して召し上がれ。

-たべもの
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

燻製作り入門

なかなか系統立てて書かれた燻製本が無い様な気がするのですが、 我が家のベーコン(だけしかつくってないけど)レシピはこの本を元にやっています。 とはいっても、ページによって塩の分量が違ったり、 よくわか …

収穫の秋

昨日は我が家(のベランダ)の収穫の秋でした。 シソの花が咲いて、みかんが色づいて、ルッコラとアスパラ菜。 マグロの冊を買ってきて、漬マグロ丼。 ルッコラとアスパラ菜にクリームチーズのダイスカット、トマ …

不味い!

不味い! 美味いもの本あれど不味いもの本はそうそうありません。 著者の遭遇した不味い食べ 物を読んでいると、いつの間にはうなずきます。 大体は添加物だったり、調理に対してちゃんとした知識が無かったりし …

四季のジャムと甘煮

見ているだけで美味しそう。 レシピも簡単で気軽にチャレンジできそうです。 我が家で作っているのはイチゴとマーマレードのみ。 梅酒の梅を使って白ワインと一緒に煮込んで梅ジャムも作ったことあるけどなかなか …

イタリアの食卓

イタリアの食卓–シンプルでゆたかな日々 山根三奈 著 イタリア人の友人家族ぐるみで過ごすイタリアの日常風景 イタリアで生活したくなります。 国外の友人が欲しい 関連する記事