カメラ関連

工場萌えF

投稿日:2009年7月15日 更新日:


工場萌えF


前作「工場萌え」に続く、
第2弾「工場萌えF」が2年の月日を超えて現実のものとなりました。

いやすみません。私もこの本を知ったのは、つい最近でした。
なんか分からないけど、写真はこちらの方がグレードアップしています。
印刷も綺麗、無駄な余白も少なく迫力のある紙面です。
前作より、工場見学のポイントや施設の開設などが増えていて
読み応えもかなりグレードアップしてます。
私も工場写真を撮り始めました。
難しいし、夜中に撮影してて不審者扱いされたら嫌だし緊張しますよ!
そう言う写真も公開していけたらと思っております。
ジャンクション
なんて本もあるんですね。見たい!!!!

-, カメラ関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大江山幻鬼行

文藝百物語を以前読んで気になっていた加門七海の大江山幻鬼行を読みました。 タイトル通り、鬼にまつわる調査旅行がそのままストーリーに。 3/1くらい読み進めて行くと、ネタが分かってしまいます。 著書の依 …

新しい! ステディポッド

ベルボン、ワイヤーを引っ張って手ブレを防ぐ「SteadePod」/デジカメWatch ベルボンは、米国キャメロンプロダクツ社のワイヤー式手ブレ防止用品「SteadePod」(ステディポッド)を10月に …

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 日本に頼る場所がない、居場所がない、信頼出来る身内や知人がいないなど まあ苦しいのは分かりますが、この著書の取材の様子を垣間見るとまあ自業自得としか …

生きながら火に焼かれて

市民会報のお勧め図書にあったので読みましたが、かなりカルチャーショックでした。 本当にこういうところがあるんですね。 著者であるスアドという仮名の女性は、17歳のとき同じ村に住む男性と恋に落ち数度の密 …

お父さんはやってない

お父さんはやってない 冤罪は恐ろしいですね。 混み合った電車に乗っていて、いつ自分がそう言う立場になってもおかしくないのです。 痴漢は許せませんが、冤罪の人を追い込むのも許せません。 それをどう、戦っ …