食べるな、危険!

投稿日:2005年5月16日 更新日:

子供もできたし、こんなのも読んでみました。
もともと興味あったし、手作りは市販品と比較にならないくらい美味しいからね

ガムベースは石油製品 現在は酢酸ビニールという素材で作られているそうです。
聞いたことありませんか? 木工用ボンドの材料です。
環境ホルモンとしての作用が疑われ、発がん性についても報告されているものです

脱脂加工大豆とは、市販醤油の脱脂加工大豆の作られ方は化学溶剤(名前が出てこない:シンナーみたいなもの)に漬け込まれ油がとけ込んだところで大豆を取り出し、石油成分を揮発させて残った油が大豆油
それのかすが脱脂加工大豆とのこと。この脱脂って何のために脱脂漠然と疑問だったがびっくり。
なんでも大豆は油が少なく、つぶしても油があまり出てこないので効率的なこの方法で
作ってるんだとか。

発色剤や着色料、保存料など最近は一応値段のあまり変わらない程度で選んでいます
安息香酸ナトリウムは、よく見る保存料ですが、簡単にいうと安らかな息になっちゃう薬品です。
人は体がでかいからころっと逝かないだけで、じわじわくること間違いなし

ジャムなどは手作り。醤油もちゃんとしたのはうまいよ。ああ、昔はこの味だったって思い出す。
それの後で一般的な安い醤油をなめると塩っぱい液でしかない、うまみなんてこれっぽっちも無い。
価格を追求するのも大事だけど、ちゃんと作っているものに多少余分に対価を支払うのには
何も疑問は無い。そのようなものを選んでいきたい。贅沢品を買っているのではないのだ。
それが特別な現代が異常なだけだ。
とりあえず、食品についてはアメリカ産、中国産はやめている今日この頃
多少少なくしたところで、ほかでどれだけ取っているんだか。

おすすめ度

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いまを生きる

いまを生きる新潮文庫 結婚式の行き帰りの電車の中でスーツのポケットに入れてガサバラない 文庫本を引っ張りだしてきた。 たしか、映画をやった時のやつだよなあ。1990年くらいだそうだ。 全寮制のお固い学 …

変身

変身 (角川文庫) 凡なセールスマンのグレゴール・ザムザは、気がかりな夢からさめたある朝、一匹の巨大な褐色の毒虫へと変わった自分を発見する。理由もなければ原因もない。その日から家族との奇妙な生活が始ま …

イタリアの食卓

イタリアの食卓–シンプルでゆたかな日々 山根三奈 著 イタリア人の友人家族ぐるみで過ごすイタリアの日常風景 イタリアで生活したくなります。 国外の友人が欲しい 関連する記事

small planet(本城 直季 写真集)

small planet 出版社/著者からの内容紹介 ☆★ 2006年度 第32回 木村伊兵衛写真賞 受賞 ★☆ ミニチュアみたいなホントの景色 今流行? もう過ぎたのかは はっきり分かりませんが、 …

だから山谷はやめられねえ

だから山谷はやめられねえ  ―「僕」が日雇い労働者だった180日 そもそもぼくの関心はドヤ街や飯場そのものの中ににあったわけではなかった。社会の常識や模範からはみ出してしまった人と会社の関係。そして自 …