今、赤ちゃんが不思議!

投稿日:2004年12月9日 更新日:

これが、胎内記憶関連で最初に読んだ本です。
これをかなり実践しました
今、赤ちゃんが不思議!elfin books series
お腹の赤ちゃんと会話する方法!これいいなあ。後半はオカルトになってきて
裏表紙を見ると月刊ムーの連載だったみたい
夢の中で赤ちゃんの顔は見ましたが現実はどうかな?
御剣タケル 学習研究社 1995/07 ISBN4054004628

-
-

執筆者:


  1. かりや より:

    あー、知ってましたか
    すんません。
    ムーブックスは確かにはまりました。
    第3次世界大戦とか超古代文明とか
    あの当時は楽しかったなあ、純粋にはまれたし
    1999年まで何年だからXX歳で死んじゃうのかなとか
    漠然と思ってる人多かったよ

  2. 山本KOU より:

    ムー。知ってますよ〜。
    雑誌こそ見たことがないものの、中学の時にはそこの連載
    記事をまとめた書籍なぞを買いあさっていた時期があります。
    神話ネタとか宇宙人ネタ、結構好きだったんですよ。
    高校の時に飽きましたが…(^^;
    しかしまあ、魂の状態で母親の上を飛んでいるってのは、
    なんだかアジア諸島神話ネタみたいで、面白いですねぇ。

  3. かりや より:

    超能力 確かに新しいけど懐かしい単語ですね
    この本によると妊娠6ヶ月くらいまでは魂として
    母親の周りを飛び回り、両親の様子を上から伺っているようです
    ここまでくると流石『月刊ムー』って感じです。知ってるムー?

  4. 山本KOU より:

    ふうむ。やっぱり胎児の意識ってのは、「向こう側」とつながっているのですかねぇ…。そういや、子供の方が超能力の発現率が高いらしいですね。いまさら超能力ってのも古い気がしますが(^^;

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アップルのデザイン

アップルのデザイン ジョブズは“究極”をどう生み出したのか 日経デザインの連載を再構成して書籍化したものです。 デザインプロダクトのこだわりの工法や進化、SUMSUNGとの訴訟の内容から結果、この先ま …

祇園の教訓―昇る人、昇りきらずに終わる人

祇園の教訓―昇る人、昇りきらずに終わる人 当時一番の芸子さん(で呼び名はよかったのかちょっと不安)の回顧録というか、ショートエッセイとかエピソード集みたいな感じ。 たしかに昇る人と昇りきれないひととの …

赤いヤッケの男

赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS) 山の会談を集めた本です。 実体験と聞き込みを元にしているので 怖いですよ〜 確かにテントを張って、布1枚ですから 外に気配を感じたら…それは半 …

経営の行動指針―土光語録

経営の行動指針―土光語録 『組織活動にとって「自分は聞いていない」「そんなこといったかな」「誰かがやってくれるだろう」、 この三つの言葉ほど危険なものはない』 『成功は次の成功への呼び水とせよ。失敗は …

アーサー王伝説(サトクリフ・オリジナル)

アーサー王伝説のサトクリフオリジナルシリーズ全3巻を読み終えました。 映画のアバロンを観て、指輪物語に魅かれて行き着いたアーサー王伝説。 アーサー王と円卓の騎士 ―サトクリフ・オリジナル 2001年刊 …